8 御伝鈔 下巻 第六段「洛陽遷化」 意訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

御伝鈔 意訳 下巻 第六段「洛陽遷化」

『親鸞聖人伝絵-御伝鈔に学ぶ-』東本願寺出版部より 


 親鸞さま は、弘長(こうちょう)二年(一二六二)十一月下旬から、どうも お身体の具合が よくないようでした。それからは、あまり 世の中のこと など を 口にされず、もっぱら、すばらしい人生を歩むことができた恩 を 語られ、その一息(ひといき)一息(ひといき)に もれる お言葉は、もはや わずらわしい日常生活の会話ではなく、明るい、生き生きとした世界に 自分を導いてくれた南無阿弥陀仏のみ名(な) を となれるばかりでありました。
 こうして、十一月二十八日、お釈迦さまの故事に なぞられて、北枕、西向き、右わきを下に して 静かに 横になられ、安らかに
その 念仏の生涯 を 閉じられました。亡くなられたのは 九十 の とし で ありました。
 亡くなられた場所は 京都の押小路(おしこうじ)の南、万里(まで)小路(こうじ)の東 でしたが、はるかに 鴨川をこえて、東山、西のふもと、鳥部野の南のほとり、延仁寺において 葬儀が とりおこなわれました。そして、遺骨を拾い、同じ山のふもと、鳥部野の北のほとり、大谷の地に納骨いたしました。
 親鸞さま の ご臨終に めぐりあえた門弟たち、あるいは 親鸞さまの教えを受けた人々は、老いも若きも、それぞれ 親鸞さま ありし日を しのび、親鸞さま なき今 を 悲しみ、慕(した)い泣き伏すのでありました。