5 御伝鈔 下巻 第一段「師弟配流」 意訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

御伝鈔 意訳 下巻 第一段「師弟配流」

『親鸞聖人伝絵-御伝鈔に学ぶ-』東本願寺出版部より 


 法然さまが、いつでも、どこでも、だれでも 歩める、浄土の門を開かれたことによって、聖者(せいじゃ)のための難しい、狭き門となってしまった聖道(しょうどう)の仏教は、根本から 反省 しなければならない時点に 立たされていたのです。
 ところが、奈良や比叡山の聖道(しょうどう)仏教の学者たちは、
「浄土の教え など 正統の仏教ではない。そんな 教えを 説いて 人心(じんしん)を惑わす法然を、ただちに処罰すべきである」
と、怒り狂(くる)うのでした。
 親鸞さま の『教行信証』化身土巻(けしんどのまき)には、次のように記されています。
「静かに 考えてみると、伝統的な仏教である聖道(しょうどう)の諸教(しょきょう)は、いつのまにか、その 生き生きとした生命 を 見失い、難しい 理屈の学問に変身し、もはや、苦しみ 悩む人々 を 救うような はたらき は なくなりました。だれが 考えても、今では 浄土の真宗 こそ、一般大衆がよみがえっていく唯一の道に ちがい ありません。
 ところが、諸寺の学僧たち は、もはや 形式だけ 残っている伝統の仏教に しがみついて、ほんとうに この世を救う教え に 背を向けて、真実の自己を見る眼(まなこ)を持たず、狭い 時代遅れの考え に いつまでも閉じこもっているのです。都(みやこ)の儒学者(じゅがくしゃ)たち も、人々に 道徳を教える立場に ありながら、何が正しいことで、何が まちがているのか を 明確にせず、時の権力者に こび へつらう だけ に なって しまいました。
 そのために、興福寺の学僧たちは、土御門(つちみかど)天皇の承元(じょうげん)元年(一二〇七)二月のころ、朝廷に 浄土教徒を 弾圧するように 申し入れたのです。
 上(かみ)は 天皇から、下(しも)は 家臣に いたるまで、真実の法 を 聞く耳 を 失い、正しい道 を 見分ける眼(まなこ) を 閉ざして、怒り、ねたむのでした。それによって、その時 すでに 形骸化(けいがいか)していた仏教を批判し、真実を訴えていた 法然さま、ならびに その門弟たち 数名は、無法(むほう)にも 死罪になったり、あるいは 僧の身分を奪われて、遠方へ追放されたのです。私、親鸞も その一人だったのです。
 だから もう 私は、僧 という 肩書 や 権威など 何もないし、そうか と いって、目さきの楽しみ を 追う生活に 満足している俗人である とも いえないので、頭だけ そった 変な俗人だ という意味の、禿(とく)の字を 私の名 に したのです。法然さま と、その 弟子たち は、あちら こちらに 追放されて、五年の月日が 流れました」。
法然さま、罪人としての名、藤井元彦(もとひこ)、配所(はいしょ)は土佐国。親鸞さま、罪人としての名、藤井善信(よしざね)、配所(はいしょ)は越後国。このほか お弟子 で 死罪、流罪になった者 は 多いけれども、ここでは略します。
 さて、順徳(じゅんとく)天皇の建歴(けんりゃく)元年(一二一一)十一月十七日、岡崎 中納言 範光卿(のりみつきょう)を通じて、罪が許されました。そのとき 親鸞さま は、すでに 述べたように禿の字で 署名(しょめい)した報告書を出されたので、天皇も 深く 感銘を受けられ、侍臣(じしん)たち も 心から ほめたたえた と 伝えられています。
 罪は 許されたのですが、親鸞さま は、各地に 念仏の教え を 伝えようと、しばらく 越後の国に とどまること に なりました。