9 御伝鈔 下巻 第七段「本廟創立」 意訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

御伝鈔 意訳 下巻 第七段「本廟創立」

『親鸞聖人伝絵-御伝鈔に学ぶ-』東本願寺出版部より 


 文永(ぶんえい)九年(一二七二)冬のころ、東山、西のふもと、鳥部野の北、大谷の墓地を、同じ ふもと の 西、吉水の北 の ほとり に 移し、お堂を建てて、ありし日の親鸞さま の お姿を 安置いたしました。
 このときから 親鸞さま の 念仏の教え の ともしび は いよいよ 輝きを増し、その教え を 喜ぶ人 は 日を追って多くなり、その にぎやかさ は、ご生前の昔を しのぐほど に なりました。その 心の ともしび は、やがて 各地に ともされ、親鸞さま の 志を 継ぐ人々は 全国に 深い根をおろし、その教えを 受ける者は 数限りない ありさま と なりました。そして その教えを 受けた喜び から、出家、在家、老若男女を問わず、親鸞さま の ご本廟(ほんびょう) に 参拝し、阿弥陀の親心 の こめられた南無阿弥陀仏の み名 と 共に 力強い歩み を 続けているのです。親鸞さま の ご一生 には、まだ さまざまな 言い伝え が 残っていますが、ここでは 省略します。