4 御伝鈔 上巻 第七段「信心諍論」 意訳

このエントリーをはてなブックマークに追加

御伝鈔 意訳 上巻 第七段「信心諍論」

『親鸞聖人伝絵-御伝鈔に学ぶ-』東本願寺出版部より 


 あるとき、親鸞さま は、次のように お話くださいました。
 法然さま の ところに、聖信房(しょうしんぼう)、勢観房(せいかんぼう)、念仏房(ぼう)など の 大ぜいのお弟子たち が 集まったとき、議論(ぎろん)が こじれて、なかなか 決着がつきませんでした。
 それは、私、親鸞が、
「法然さま が いただいておられる信心 と、私がいただいている信心と、その あいだ には、少しのちがい も ありません」
というと、そこに おられた お弟子たちは、口をそろえて
「善信房(ぜんしんぼう)(親鸞さま)の信心と、先生のご信心が全く同じだ、などというのは、とんでもない思いあがりだ。あなたは いったい 何という失礼なことをいうのか」と 反論するのでした。
 そこで私は、
「いや どうしても 同じで なければ なりません。なぜか と いえば、先生の鋭いもの の 見方 とか、すぐれた学識と、私の力 とが 同じだ、など と いう の ならば、まことに おそれ おおいことです。
 だが、ひとたび、浄土往生の信心 と いうことになれば、広大な阿弥陀の親心が、私を導かれること ですから、その心を、私の能力で 獲得した心だ、など とは いえない はずです。だから、先生の信心も 阿弥陀の親心 との めぐりあい、私の信心も 阿弥陀の親心 との めぐりあいですから、違うはずがない、と 申したのです」
と 述べますと、法然さま は たちどころに
「信心が違う と いうのは、自分の努力で 何かを 信じる という 自力の信 に ついてなら 言えることでしょう。つまり、物事を見分ける能力が違う の ですから、真実ということ にも深い浅いの違い が でてくるのです。
 しかし、他力の信心 と いうことになると 善人であろうと、悪人であろうと、みんな 阿弥陀如来の親心から恵まれたものですから、私の信心も、善信房(ぜんしんぼう)の信心 も 同じ で なければなりません。信心は みな 一つなのです。私が賢いから 信じられるのではないのです。だから 人によって、信心に深い、浅いの差がある と 思っておられる人がいたら、その人は、私が 参ろうとしている浄土には、決して 生まれることは できないでしょう。このことは、とても 大事なことですから、よくよく 心に きざみつけておきなさい」と、おおせになりました。
そのとき、そこに集まっていた人々は、舌を巻き、口を固くつぐんで、おそれ入る ばかりでした。