下巻 第六段 洛陽遷化

このエントリーをはてなブックマークに追加

下巻 第六段 洛陽(らくよう)遷化(せんげ)

聖運寺蔵『親鸞聖人御絵伝』


〈 御伝鈔 意訳 〉『親鸞聖人伝絵-御伝鈔に学ぶ-』東本願寺出版部より

 親鸞さま は、弘長(こうちょう)二年(一二六二)十一月下旬から、どうも お身体の具合が よくないようでした。それからは、あまり 世の中のこと など を 口にされず、もっぱら、すばらしい人生を歩むことができた恩 を 語られ、その一息(ひといき)一息(ひといき)に もれる お言葉は、もはや わずらわしい日常生活の会話ではなく、明るい、生き生きとした世界に 自分を導いてくれた南無阿弥陀仏のみ名(な) を となれるばかりでありました。
 こうして、十一月二十八日、お釈迦さまの故事に なぞられて、北枕、西向き、右わきを下に して 静かに 横になられ、安らかに その 念仏の生涯 を 閉じられました。亡くなられたのは 九十 の とし で ありました。
 亡くなられた場所は 京都の押小路(おしこうじ)の南、万里(まで)小路(こうじ)の東 でしたが、はるかに 鴨川をこえて、東山、西のふもと、鳥部野の南のほとり、延仁寺において 葬儀が とりおこなわれました。そして、遺骨を拾い、同じ山のふもと、鳥部野の北のほとり、大谷の地に納骨いたしました。
 親鸞さま の ご臨終に めぐりあえた門弟たち、あるいは 親鸞さまの教えを受けた人々は、老いも若きも、それぞれ 親鸞さま ありし日を しのび、親鸞さま なき今 を 悲しみ、慕(した)い泣き伏すのでありました。


〈 御伝鈔 原文 〉

聖人、故郷に帰り(かえッ)て往事(おうし)をおもうに●年々(ねんねん)歳々(せいせい)夢のごとし、幻(まぼろし)のごとし●長安(ちょうあん)・洛陽(らくよう)の栖(すみか)も●跡(あと)をとどむるに嬾(ものう)しとて●扶風(ふふう)馮翊(ふよく)、ところどころに移住したまいき●五条、西洞院(にしノとういん)わたり●一つの勝地(しょうち)なりとて●しばらく居(きょ)をしめたまう(モオ)●今比(このころ)、いにしえ●口決を(くけット)伝え、面受(めんじゅ)を遂(と)げし門徒等(ら)●おのおの好(よしみ)を慕(した)い●路(みち)を尋(たづ)ねて参集(さんじゅう)したまいけり●
其(そ)の比(ころ)●常陸国(ひたちノくに)那荷西郡(なかノさいノこおり)●大部郷(おおぶノごう)に●平太郎なにがしという庶民あり●聖人の御訓(おんおしえ)を信じて●専(もっぱ)ら弐(ふたごころ)なかりき●しかるに、或時(あるとき)件(くだん)の平太郎●所務(しょむ)に駈(か)られて熊野に詣(けい)すべしとて●事(こと)のよしをたずね申(もう)さんために●聖人へまいりたるに●仰(おお)せられて云(のたま)わく●「それ、聖教(しょうぎょう)万差(まんじゃ)なり●いずれも機(き)に相応(そうおう)すれば巨益(こやく)あり●但(ただし)、末法(まッぽう)の今時(いまノとき)●聖道(しょうどう)の修行におきては、成(じょう)ずべからず●すなわち●「我(が)、末法(まッぽう)時(じ)中(ちゅう)億々(おくおく)衆生●起行(きぎょう)修道(しゅどう)未有(みう)一人(いちにん)得者(とくしゃ)」(安楽集)といい「唯有(ゆいう)浄土一門(いちもん)可(か)通(つう)入路(にゅうろ)」(同)と云々(うんぬん)●此(これ)皆(みな)経釈(きょうしゃく)の明文(めいもん)、如来の金言(きんげん)なり●しかるに今(いま)●唯有(ゆいう)浄土の真説(しんせッ)に就(つ)いて●忝(かたじけな)く、彼(か)の三国(さんごく)の祖師(そし)●各(おのおの)此(こ)の一宗(いッしゅう)を興行(こうぎょう)す●所以(このゆえ)に●愚禿(ぐとく)、勧(すすむ)るところ、更(さら)にわたくしなし●しかるに、一向専念(いッこうせんねん)の義(ぎ)は、往生の肝腑(かんぷ)●自宗(じしゅう)の骨目(こッぼく)なり●すなわち、三経(さんぎょう)に隠顕(おんけん)ありといえども●文(もん)と云(い)い、義(ぎ)と云(い)い●共(とも)に明(あき)らかなるをや●『大経(だいきょう)』の三輩(さんぱい)にも●一向(いッこう)と勧(すす)めて●流通(るずう)にはこれを弥勒(みろく)に附属(ふぞく)し●『観経(かんぎょう)』の九品(くほん)にも●しばらく三心(さんじん)と説(と)きて●これまた阿難(あなん)に附属(ふぞく)す●『小経(しょうきょう)』の一心(いッしん)、ついに諸仏(しょぶッ)これを証誠(しょうじょう)す●之(これ)によって、論主(ろんじゅ)一心(いッしん)と判(はん)じ●和尚(かしょう)、一向(いッこう)と釈(しゃく)す●しかればすなわち●何(いずれ)の文(もん)により(ッ)て●専修(せんしゅ)の義(ぎ)、立(りッ)すべからざるぞや●証誠殿(しょうじょうでん)の本地(ほんじ)、すなわちいまの教主(きょうしゅ)なり●かるが故(ゆえ)に●とてもかくても●衆生に結縁(けちえん)の心(こころ)ざしふかきにより(ッ)て●和光(わこう)の垂跡(すいしゃく)をとどめたまう(モオ)●垂跡(すいしゃく)をとどむる本意(ほんに)●ただ結縁(けちえん)の群類(ぐんるい)をして●願海(がんかい)に引入(いんにう)せんとなり●しかあ(カ)れば●本地(ほんじ)の誓願(せいがん)を(ノ)信じて●偏(ひとえ)に念仏(ねんぶッ)を(ト)こととせん輩(ともがら)●公務(くむ)にもしたがい●領主(りょうじゅ)にも駈仕(くし)して●其(そ)の霊地(れいち)をふみ、その社廟(しゃびょう)に詣(けい)せんこと●更(さら)に自心(じしん)の発起(ほッき)するところにあらず●しかれば垂跡(すいしゃく)におき(イ)て●内懐(ないえ)虚仮(こけ)の身(み)たりながら●あながちに、賢善精進(けんぜんしょうじん)の威儀(いぎ)を標(ひょう)すべからず●唯(ただ)本地(ほんじ)の誓約(せいやく)にまかすべし●穴賢(あなかしこ)穴賢(あなかしこ)●神威(しんに)をかろしむるにあらず●努力(ゆめ)努力(ゆめ)、冥眦(みょうし)をめぐらし給(たも)うべからず」と云々(うんぬん)●これにより(ッ)て●平太郎熊野(くまの)に参詣(さんけい)す●道(みち)の作法(さほう)、別(とりわき)整(ととのウル)儀(ぎ)なし●ただ常没(じょうもッ)の凡情(ぼんじょう)にしたがえ(イ)て●更(さら)に不浄(ふじょう)をも刷(かいつくろう)事(こと)なし●行住座臥(ぎょうじゅうざが)に本願を(ノ)仰(おお)ぎ●造次顛沛(そうしてんぱい)に師孝(しきょう)を憑(たのむ)に●はたして無為(ぶい)に参着(さんちゃく)の夜(よ)●件(くだん)の男(おとこ)●夢(ゆめ)に告(つ)げて云(い)わく●
証誠殿(しょうじょうでん)の扉(とびら)をおしひらきて●衣冠(いかん)ただしき俗人(ぞくじん)●仰(おお)せられて云(い)わく●「汝(なんじ)何(なん)ぞ、我(われ)を忽緒(こッしょ)して、汚穢(わえ)不浄(ふじょう)にして参詣(さんけい)するや」と●爾時(そのとき)、かの俗人(ぞくじん)に対座(たいざ)して●聖人、忽爾(こッじ)として見(まみ)え給(たも)う●其(そ)の詞(ことば)に云(のたま)わく●「彼(かれ)は善信(ぜんしん)が訓(おしえ)により(ッ)て、念仏(ねんぶッ)する者(もの)なり」と云々(うんぬん)●ここに俗人(ぞくじん)、笏(しゃく)を直(ただ)しくして●ことに敬屈(けいくッ)の礼(れい)を著(あら)わしつつ●かさねて述(の)ぶるところなしと見るほどに、夢(ゆめ)さめおわり(ン)ぬ●おお(オ)よそ、奇異(きい)のおもいをなすこと、いうべからず●下向(げこう)の後(のち)、貴房(きぼう)にまいりて●くわしく此(こ)の旨(むね)を申(もう)すに●聖人、「其(そ)の事(こと)なり」とのたまう(モオ)●此(これ)また、不可思議の(↑)、ことなりかし●